ストーリー

ゼロから動き出した日

どうも!村元です。

今回は、「ゼロから動き出した日」と題して
大学時代にビジネスを始めることになった
きっかけについてお話します。

この記事は、学生生活や社会人生活で
悶々としているあなたに読んで欲しいです。

「自分はこんなもんじゃない!」
「何かしたい!でも何をすればいいの?」

と思っているあなたの刺激になり、
一歩踏み出すきっかけになれたら幸いです。

悶々としていた大学生活

当時、大学1年生の夏休みでした。
大学に入学して半年が経った頃でした。

僕は、千葉の田舎地域で生まれ育ちました。

小さい頃から、スポーツと勉強に打ち込む
一般的な学生生活を送っていました。

大学受験は猛勉強をして
憧れの早稲田大学に合格できました。

「春から楽しい大学生活が待ってる!」
「東京に行くからには何か成し遂げたい!」

そんな期待で胸がいっぱいでした。

しかし、そんなワクワクした気持ちも
大学が始まり数ヶ月で無くなりました。

・授業はあってないようなもの
・お酒を飲んでぐだるだけのサークル
・単純作業を繰り返すだけのアルバイト

それらを淡々と繰り返す日々が続き
気がついたら夏休みになっていました。

ダラダラと過ぎる大学生活に溶け込み
あっという間に4年間が終わることを
想像すると、不安と恐怖が押し寄せました。

何もないゼロの自分

人間、暇な時は考え事をするものです。

夏休みに入り、無限の自由時間があり、
将来について漠然と考えていました。

「自分にはどんな価値があるんだろう?」

今思えば、哲学者みたいなことを
考えていたことを記憶しています。

高校までは、勉強もスポーツも
人並みくらいはやってきたけど、
大学に入ったら特に価値もありません。

学者になりたいわけでもないし
アスリートとして生きるのは難しい。

そんな状況だったので、
今まで積み上げてきたものに
自信が持てなくなっていました。

「自分は何をしたいんだろう?」
「自分には何ができるんだろう?」

自問自答を繰り返しましたが
結局答えは出ませんでした。

一つの講演会で人生が動く

「何もないまま社会に出て
あっさり人生が終わるのか」

と絶望していた時に、一つの訪れました。

「ホリエモンの講演会があるから行こう!」
という、大学の友人の何気ない誘いでした。

ホリエモン(堀江貴文さん)といえば、
ニュースや新聞を見ない自分でも
知っている有名人でした。

実業家というよりは
「テレビで有名な逮捕された人」
というイメージの方が強かったです。

講演会の内容はよく分からないけど
堀江さんには興味がありました。

大学の友人も面白い人だったし
とりあえず参加してみよう!と
軽い気持ちで臨みました。

ただ、この講演会が
自分が変わる大きなきっかけになりました。

このままでは、一生このまま

講演会の内容を知らないまま
当日を迎えました。

入口の看板を見てビックリ。

「青年実業家が集うカンファレンス」

こんな内容だったと記憶してます。

当時の自分とは全く無縁の内容でした。

「やばいところに来ちゃったかな…」
というのが正直な感想です。

ただ、その時堀江さんがお話された、

「このままだと、一生このまま」
「とにかく行動だ」

という言葉が、
自分の心にとても刺さりました。

「まずは、少し興味があるから
行動に移していくことが大切だ」

というシンプルな話でしたが、
それこそ、当時の自分に必要だったのです。

働く意味を考えた

「行動することの大切さ」に加えて
「働く意味」についても話されました。

働くとは、自分の知識や能力を活かして
誰かを助け、感謝されることだ。

当時、自分が抱いていた
働くイメージとは真逆のものでした。

それまで自分が見てきた働く人の姿は、

「朝早く起きて、夜遅くに帰る」
「大変な仕事を我慢して給料をもらう」
「ギリギリの収入で生活をやりくりする」

というネガティブなイメージが
強かったです。

ただ、働くことについて語っている
堀江さんの姿がとても楽しそうで
こちらまでワクワクしました。

「働くって面白いことなんだ!」
「早く働いてみたい!」

という気持ちが湧いてきました。

インターネットの可能性

そして、講演会の後半では、

インターネットの可能性についても
語ってくださいました。

堀江さん自身、IT事業で成功されたし、
インターネットは世の中を大きく変える
ことを熱弁してくださりました。

文系一筋の自分にとっては
やや難しい話ではありましたが、

「インターネットを活用して何かしたい!」
という気持ちが、その時芽生えました。

講演会が終わった後、
僕はうずうずしていました。

学生時代に何かできることを見つけるため
当時手に入る堀江さんの本を片っ端から
買って読み漁り、行動を始めました。

色んな人と繋がれる世界

堀江さんの著書の中で繰り返し
「インターネットの可能性」について
お話されていたので、SNSから始めました。

当時、SNSはTwitterが
少し流行り出していた頃でした。

SNSの仕組みや可能性も想像つかず
最初は半信半疑で使ってみました。

同世代の方の日常の発信や
テレビで見るような有名人の発信まで
様々な方の発信にアクセスできることに
SNSに広がる世界のすごさに驚きました。

特に、20代で好きなことを仕事にしたり
事業を起こしている方に刺激を受けました。

「自分にもできるかも…やりたい!」

気になった人を片っ端からフォローして
特に興味を持った方にはDMも送りました。

この行動から、それまで生きてきた
自分の世界が広がるきっかけになりました。

0から1のきっかけ

堀江さんの講演会をきっかけに
大学1年生の後半から卒業までに
様々な経験をすることができました。

尊敬する経営者のもとで修行を積み
ベンチャー企業の立ち上げに参画しました。
(詳細は別の記事でまとめます!)

これも、新しい環境に一歩踏み出す
行動をしたからこそ得られた経験です。

あの時、自分の狭い世界の中で閉じこもり
退屈な大学生をしてたらどうなっていたか…

今とは全く違う生き方になっていました。

自分の世界を広げ、やりたいことを見つけ、
挑戦して、熱中して、やりがいを感じる。

という人生は得られていませんでした。

ちょっとしたきっかけでしたが
自分の心に響いたことに対して
行動に移したことで人生が変わりました。

「ゼロ」の状況からでも
行動することで世界が広がります。

おすすめ書籍のご紹介!

そんなきっかけにもなった堀江さんの
著書の中でも特に好きなものを紹介します。

「ゼロ」 堀江貴文著

Amazon(Kindle版)

楽天(電子書籍版)

堀江さんの講演会の直後に購入して
行動するきっかけになった本です。

「働くことの意味」
「行動することの大切さ」
「インターネットの可能性」

などについて、ご自身の経験をもとに
ストーリーがまとめられています。

今でも、初心にかえるために
定期的に読み返しているほど
僕の愛読書になっています。

ぜひ、手に取って読んでみてください!

今回の記事が、あなたが行動を起こす
きっかけになったら嬉しいです。

最後まで記事を読んでくださり
ありがとうございました!