ストーリー

尊敬する経営者との出会い

どうも!村元です。

今回は、僕が尊敬する経営者と出会い、
環境や価値観が変わった話をします。

「何かしたい!でも、何すればいいの?」
「変わりたい!でも、変われない…」

という疑問を持ちながら悩んでいる方の
ヒントになるお話になれば嬉しいです。

・人生を変えようと思ったきっかけ
・変わる一歩踏み出すに至った経緯
・挑戦と失敗を繰り返した時期の話
・環境や価値観が変化したこと

など、当時の状況や心境を振り返り
経験をまとめてみました。

20代の若い時期に行動を起こしたことは
自分にとって大きな転機となりました。

この記事を読んでくれた若いあなたの
現状を変えるきっかけになれたら幸いです。

世界が広がるきっかけ

僕が最初に現状を変えるために
行動を起こそうと思い立ったのは
大学1年生の夏休みの頃からでした。

大学生活に対して抱いていた理想と
退屈な毎日が続く現実とのギャップに
戸惑い悶々とした日々を過ごしていました。

「ああ、ダラダラと大学生活が終わるのか」
「このまま、つまらない大人になるのかな」

そんな、漠然とした不安や焦燥感が
心の中にありました。

そんな時に、堀江貴文さん(ホリエモン)の
講演会に参加する機会がありました。

そこで、若いうちに行動する大切さや
インターネットの可能性の話を聞いて
自分も何かやってみたいと思いました。

本を読み漁ったが・・・

堀江さんの話に刺激を受けてから
もっと色んな世界や考え方を
「知りたい」と思いました。

そこで、Amazonに出てきた
堀江さんの著書を片っ端から
買い占めて読むことにしました。

しかし、3冊ほど読んだあたりで
ショックな事実に気付きました。

「本の内容、だいたい同じだ・・・」

それは、同じ著者の本ですからね…。

しかも、皮肉なことに、
どの本にも一貫して書かれていたことが

「行動しろ」

ということでした。

本を読んでいると変わった気になるけど
目の前の世界は何も変わっていません。

大切なのは、色んなことを
「知ること」以上に「やること」なのです。

そのことを、身をもって実感しました・・・

なにすればいいんだ!?

「よし!じゃあ、何かやってやるぞ!」

と思い立ったは良いものの、
結局何をすればいいか分かりませんでした。

・本を読んでやることを調べよう!
→たくさんの本を読んだけど何も分からない

・インターネットで情報収集しよう!
→嘘か本当か分からない情報ばかり

・アルバイトで社会経験を積もう!
→時間をお金に変えるだけで身にならない

・インターンをして実践経験を積もう!
→ほとんどアルバイトと変わらない

その当時、思いついたことは
手当たり次第やってみましたが
結局、何も身になりませんでした。

がむしゃらに行動

半年間、色んなことに手を出したけど
良い兆しが見えませんでした。

「今の自分の知識と経験だけではダメだ」
「誰かから教えてもらうしかない!」

そう思い、SNSで活動している
社会人の方に手当たり次第DMを送り
興味を示してくれた方にお話を伺いました。

当時の自分には、
若さとガッツしかありませんでした。

「とにかく、行動だ。」

その気持ちだけで、
社会人の方に会っていました。

その結果・・・

・中身のない怪しい商品を紹介され購入する
・ネットワークビジネスに勧誘される
・怪しいスクールに入会させられる

という、まさに詐欺まがいのことをする
人たちの絶好のカモになっていました。

わずか、半年の間に100万円近い
お金を失い、絶望的な状態になっていました。

結局、おいしい話をしてきた怪しい
大人や企業は全て潰れてしまい
頼る先も失ってしまいました。

最後に一度だけ

大学1年生の夏から半年間、
何か行動しようと挑戦するも何も得ず。

お金も、夢も、自信も失っていました。

「やっぱり自分には無理なのか」
「無難に大学生活を送った方がいいのか」

そんな、後ろ向きな考えばかりが
頭の中に浮かんできました。

でも、心のどこかに
諦めきれない気持ちもありました。

「自分はこんなもんじゃない」
「退屈な毎日を変えるんだ」

だから、最後にもう一度だけ。
これがダメだったら、終わりにしよう。

そう心に決めて、それまでに得た
情報や人脈をフル活用して変化の
きっかけを作ろうと決心しました。

自分にとって大切なこと

約1ヵ月間、今までの知識や経験から
自分の頭で考えて行動しました。

「自分は何をやりたいんだろう」
「そのために誰と関わればいいか」
「自分はどんな人間になりたいのか」

自問自答を繰り返しました。

自分が欲しいものは、
うまい儲け話や、人生を楽して勝つ
というような薄っぺらいものじゃない。

もっと自由に、心から充実した毎日を
過ごせるような人生にしたい。

と思うようになってきました。

そんな思いを胸に、
様々な方と出会っていくうちに
自分にとって大きな出会いがありました。

転機となる出会い

その方は、僕と10コほど
歳の離れてる若い経営者の方でした。

偶然、自分と高校と大学が同じ先輩で
WEB関係の事業を運営されていました。

大学生までは、自分と変わらない環境で育ち
若くして経営者として活躍している姿を見て
かっこいいと思いました。

そして、何よりも憧れたところは、

経営の知識やスキルがあることでも、
年商数億の会社を持っていることでもなく、
仲間と共に好きなことをやってる姿でした。

おそらく、20年近く生きてきた中で
初めて「こんな人になりたい」と
思た人との出会いでした。

何をやるかより、誰と生きるか

その方とお話させていただく中で、
大切にしたい価値観にも共感しました。

特に、自分の心に響いた考え方は、
「何をやるか以上に、誰とやるか」
ということです。

人生を過ごす中で、
必ず人との関わりがあります。

その一緒に関わる人によって
人生の充実感が変わってきます。

人を大切する姿勢に惹かれて
僕はこの人に一緒にいたいと思いました。

そこから、大学卒業後まで
会社のメンバーの一員として活動しました。

WEB事業や教育事業を中心に
新規事業立ち上げから運営まで経験でき
貴重な時間を過ごすことができました。

何より、その過程で大切な仲間もできて
充実した時間を過ごせてきたことが
自分にとっての財産となりました。

「人生100年時代」の可能性

そんな出会いや経験を経て
これから何を考えて生きていくか?

今、自分の中のテーマとなっているのは
「可能性」です。

「人生100年時代」と言われている現代で
今後、僕たちは様々なことに挑戦して
夢を実現できると信じています。

そして、夢を叶える過程で
充実感を味わうことができます。

数年前に比べて、多くの情報が
手に入れやすくなりました。

そこから世界を広げて行動する人は
どんどんやりたいことに挑戦できる
環境が整っています。

ヒト・モノ・カネ・情報

というリソースをフル活用して
今後も充実した人生を送れるよう
引き続き情報発信もしていきます。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!